量子的洞察

2017/ 06/ 24
                 
かれこれ二十年以上ディスカバリーチャンネルを観ているのだが、数年前から宇宙の神秘...みたいな題材で量子物理の視点から語られるモーガン・フリーマンの番組にハマっている。最近はパラレルワールドの存在が証明され、時間の観念に至っては過去の常識を覆してしまう発見もある。しかし一番気になるのはモーガン・フリーマンの顔のシミが増えたこと。長年に渡り強い照明や紫外線を浴びたであろう彼の顔の皮膚には尋常ではない量の黒いシミがある。その一つ一つのシミの色の濃さが凄いのだ。まぁ、アフリカ系のアメリカ人にはよく見られる現象だが、私には彼の顔のシミを数えてしまう悪い癖がある。従って番組の内容があまり頭に入っていない。要するに私は、モーガン・フリーマンが大好きなんだな。

今朝、鏡を何気なく見ていたら、私の顔にも一つだけ彼のシミに負けないくらい黒い色の濃いシミを見つけた。一ミリにも満たない小さなものだが、当然彼よりも白い私の顔には異常に目立つ。そこでまた、ふと思ったのだが、アフリカ系の人にも色々な皮膚の色がある。大雑把に言ってしまえば黒の濃さが違うだけなのかもしれないが、アメリカにいるアフリカ系の人たちは、アフリカに暮らす人たちよりも皮膚の色は薄い。単に日焼けしていないだけなのかもしれないが、黒くない。マイケル・ジャクソンがまだ黒人だった頃も、マサイ系の人たちより遙かに薄かった。何世代もその土地で暮らしているうちに、そこの紫外線の量に合わせてメラニンの量が変化しているのだろうか?。

最近は日本人の色もかなり変わってきている。髪の色がやけに薄い子供たちが増えている。自然界の紫外線の量は年々増加傾向にあるらしいが、それを遮断する建材の使用が増えたことや、日焼け止めクリームの性能が上がったとか、そんなことが理由なのかな?。人には色の薄い生き物ほど美しいと評価してしまう傾向がある。それは人にも当てはまるだろう。そもそも人種差別は色から始まっているような気がするし、どんなに凶暴でもグリズリーよりシロクマの方が可愛いと思う感覚は多くの人が抱く感情だろう。これは人類を包括する大きな何かの影響を受け、反映しているのが理由ではないのだろうか?。それは可視光線域にある光りの量が関係しているように思う。

夜、街灯に群がる虫たちを見ていると、生き物は光に惹かれる習性がある。暗いからと言ってそこにエネルギーが存在しないわけではないのだが、光を放つ場所には誰もが神々しさを感じ、そこへ向かわざるおえない衝動に駆られるのだ。満たされ、溢れている感じを受けるのは常に光の中である。色は単なる周波数の違いでしかない。ただ、より高い周波数に人は高次なものを感じるのだ。最近の量子物理学ではいくつもの世界が同時進行して存在していることを証明する何かが発見され、更に時間は過去から未来へ向かうものだけではなく、未来から過去へ流れる時間もあることがわかったらしい。つまり、未来も過去も、本当は同時に存在している現在だということになり、それぞれの時間に起きていることは、それぞれを反映しているという結論に達したのだ。

成熟した世界で評価される高次なる形態が光溢れる存在だとしたら、受信帯域の狭い幼い世界では単純に光は良いもの、暗いものは悪いものとしか理解されず、そこに差別が生まれることが簡単に予想がつく。私たちがその幼さとしっかり向き合えたなら、この世界の周波数は劇的に上昇するのではないだろうか?。
                 

コメント