人種

2017/ 07/ 26
                 
白人や黒人という分け方には何かと問題があるので、先祖の国名で何々系アメリカンとか、アフリカ系アメリカンとか言うのが今の常識だが、更に細分化した表現が必要なことも増えた。例えば、同じイギリスでもアイリッシュ系だとか、その他諸々の個性を尊重する態度が求められる。欧米人から東洋人を見た場合、モンゴリアン、チャイニーズ、コリアン、ジャパニーズ...その人種の多さと見分けの難しさに頭を抱えていることだろう。まぁ、ある程度仲良しにならない限り人種の話しはタブーになることがあるからできるだけ触れない話題ではある。そんなことを思いながら、実は日本の中にも人種の違いがたくさんあることに気付いた。オリジナルの日本人は九州の人だと思う。北海道人とは明らかに見た目の特徴が違うのですぐにわかる。まぁ、北海道人が純粋な日本人とは言えないルーツを持っているので、オリジナルの日本人から言わせれば私たち北海道人が異色な存在だろう。ただ、北海道にも九州の血はたくさん入っているわけで、九州に郷愁を感じる人は多いと思う。雲仙から来たトラックが横に停まっているものでね、遠いところからよく来たなと、敬愛の気持ちを抱いているところ。
                 

コメント