小さな日常に大きな感動

2017/ 08/ 09
                 
女房がにぎってくれたおにぎりが、物凄く美味しくて感動することがある。大袈裟だと言われるが、涙が出るくらい旨いのだ。そして、そんなひと時に心の底から感謝する。通勤途中の車の中で起こるほんの一瞬の出来事だが、私にとってはかけがえのない時間になる。実際、これが本当の豊かさだよなと、しみじみ思う。何気ない日常の中にはたくさんの感謝できる物事がある。それらのひとつひとつに気付く過程に、私は喜びを感じる。なんでもないことが、実はとてつもない贈り物だったりする。
                 

コメント